やっと七ヶ月を迎え、そろそろ成犬になりつつある、我が家のお犬樣。一般的に言われているよりもずっと大人しい。と思う。通いで来て貰っているドッグトレーナーさんも、大人しいと太鼓判。小心なだけでは?と思う時もしばしばなくらい、外では特に大人しい。
最近特に思うのは、数ヶ月前なら、犬を飼うなんて間違ってもありえなかった俺が、犬とキスして出かける日々は、何かの間違いだろうと思う程今の状況になれている違和感。かわいいなって思う程犬のことが当たり前になっている。ましてや、犬に服を着させるなんて、バカのやることだと言い切っていた俺が、抜け毛対策ですからと言い訳しながら、洋服を選んでるんだな、これが。バカはこうやって深まっていく。情けないけど、もうしょうがない。極めるなら最後までだ。
和田堀公園の散歩が、プチブームで今日で三回目。飼っている犬の種類や扱いかたで、人の生活レベルや方針がほのかに見えて面白い。言い方は悪いが、ダメな人達に犬はやっぱりダメ。どこまで行ってもダメはダメなんだな〜と実感、ええ、俺はとっても嫌な奴です。

15,620キロ。給油後の燃費5.4、購入後のトータル燃費6.3。
週一の八王子までのドライブは先週で終了。最近はご近所へのドライブばかり。お犬樣のためのドライブで各地の公園は移動が多いので、全体的にショートな距離で、燃費が少し良いのか?今週末は洗車もできず、黒いクルマもすっかりほこりだらけだ。汚いクルマは、非情に落ち着かない。ドライバーのだらしなさや、ダメさっぷりがクルマに現れているような気がするからかな。
もう数ヶ月首都高の「走り」をしていない。そろそろ爆発しそうだ。近いうちにまたへなちょこ走り屋として夜の都心を爆走したい。

仕事で日帰りで那覇。(実際は朝一で福岡から移動で、夕方に帰京だけど)
沖縄は数回目だけれど、実は那覇にはちゃんと着た事がなかった。リゾートの中部や北部にすぐに移動してしまうためだ。
仕事終わりから飛行機の出発まで1時間強あったので、国際通りを冷やかしながら観光客気分で移動。タクシーの運転手がお奨めしてれた市場の二階にある食堂で遅めのランチをとった。
大きな市場で一階の売り場から、エスカレーター二階の食堂や働く人々、匂いや色までが全てアジアで、感動的だった。すっかりこの感じを忘れていた。土着的でねっとりした湿気につつまれた空気や、微妙な衛生感覚とおおらかで適度に適当で雜なサービスの全てが心地良かった。選んだ料理は典型的な沖縄亞料理だったけれど、オリオンビールとの組み合わせは最高に幸せだった。マリンリゾート以外の沖縄ってのも良いもんだなと今更ながら気が付いた。
画像は、毎月18日が「いちば」の日という事で開催されていたイベントの様子。郷土衣装に身を包んだバンドが客を巻き込みライブをしていた。観光客向けだとしても、熱気が楽しかった。
帰りの飛行機の中で微妙にイントネーションが変わっていたのは、ご愛敬だ。

初のドッグラン。柴犬に追いかけられて涙目になったり、坂道転がり落ちたりしてたけれど、楽しそうに笑って走る姿を見ていると、もう何でも許せちゃう。親ばかはこうやって作られていくんだな。ほんとあの笑顔があれば、何もいらん。
それにしてもダックスフンドポメラニアンの多いことったらない。ジャックはほんの数匹しかいなかった。ジャックの飼い主さんとは、挨拶するだけで、同好の士として相通じるものがあるから不思議だ。少数派で、こだわりの趣味が一致ってことと、手のかかるジャックへの日々の苦労があるからかな。

zeronov2006-03-21

14,950キロ。燃費は見るの忘れた。先月は4.7、5.2。
ペットとドライブに出る機会が増えたので、後部シートは犬の抜け毛だらけ。コロコロクリーナーが大活躍だ。クルマの調子は好調で、何も文句が無い。でもそのおかげでクルマについて書く事がほとんど無い。気持ちよく運転して、気持ちよく遊ぶ、そんな日々です。

ギフト

後輩からもらった冬用の洋服を着せてみた。六ヶ月に満たない我が家のジャイには、少し大きすぎたようだが、それはそれで可愛い。ありがとう。
きょとんとした表情に、ついついにやけてしまう。親バカ以上にバカだ。

zeronov2006-02-07

深夜二時、東京。深々と雪が降り続けている。
雪明かりで窓の外が、白く明るい。ノイズを吸収された夜の街は、静かだ。
ジンが体に染みる。